数秘術の種類は少なく、使いやすい

数秘術の種類は少なく、使いやすい

数秘術とは、西洋占星術などと同じ占術の一つで、生年月日や氏名を用いて占う方法です。この占いでは、独自の計算式を用いることで運勢の傾向や宿命を占うため、数秘術と呼ばれます。ではこの占いの種類を見ていきましょう。

生年月日を使うものと姓名を使うもの

まず、占いの大きな種類として生年月日を用いるもの、姓名を用いるもの、両方を用いるものにわけられます。まず生年月日を用いる種類ですが、これは生年月日を数字に置き換え、全ての数字を1桁ごとに足して、数字が一つになるまで続けるという方法です。生年月日は一生変わらないので、生まれながらの性格や宿命が占えます。それに対して姓名を使う種類は、名前をAから順に数えた数字にして同じことを行います。この時、日本人の場合は、たいていはアルファベットで表記した後にやります。姓名は結婚によって変わるので、相性などが占えます。

数字にはそれぞれ意味があります

数秘術は、生年月日を使っても姓名を使っても結局数字が残ります。ではこの残った数は何を意味するのでしょうか。その前に、一つ例外があります。それは、ゾロ目はゾロ目のままにすることです。すると、最終的に残る数字は1~9と、11、22、33、44となります。ではこれらの数の具体的な意味ですが、例えば1は独立やリーダーシップをあらわします。2は調和や協力、3は誠実や楽観主義、4は創造と真面目、5は自由と変化、6はバランスと家族、7は分析と叡智、8は力と成功、9は終わりと完全をそれぞれ表します。これをディスティニーナンバーと呼びます。

数秘術を知り、使うことのメリット

数秘術は、確かに科学的根拠のない占いで、信頼性は低いです。しかし、それにも関わらず統計的に見ると数秘術が当たったという人は多いです。この数秘術を使うことのメリットは、自分自身を客観的に見ることができるということです。自分がどのような人間かをディスティニーナンバーで知ることが出来れば、今後の目標にも過去のことの慰めにもなります。さらにこれによって、個性を伸ばすことができます。数秘術は、個性を生来のものだとした上で、それを伸ばすことで未来が良くなるという結論に落ちます。つまり、ディスティニーナンバーの示すことを伸ばすと自ずと未来が良くなります。

まとめ

数秘術は、自分に自信が無い人や自分のことをよく分からないと感じる人におすすめの占いです。また、西洋占星術などと違って簡単に占える上、種類もあまりないので、占いの初心者でも使うことが出来る方法です。話題としても盛り上がるので、知識を深めてみてはどうでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

数秘術鑑定士の資格取得を目指そう
ヌメロロジストという資格
誕生数秘学カウンセラー資格を取得するには
数秘術の資格を通信講座で試験免除で取得しよう
数秘術の資格を取得する為の通信講座の受講期間とは
数秘術の資格を取得する事のメリットとは
数秘術の資格取得後の就職先について
数秘術の資格を取得するための勉強時間
数秘術の資格を取得する場合の受講料金について
スピリチュアル数秘術で人生を変えることができます
数秘術の歴史とその起源を知ろう
数秘術は数字を意味のあるナンバーへと変換を行います
気軽に学べる通信講座で本格的な数秘術
数秘術においてライフパスナンバーとは
自分を知る数秘術の養成講座で新しい発見があります
数秘術の年周期を知ることによって
魅力的な数秘術の計算法を覚えよう
数秘術の原理は数字に意味があることによって成り立つとは
未来を見ることができる数秘術での占い
数秘術の資格と取得方法について
秘められた数字は数秘術でわかるエンジェルナンバーです
数秘術を利用した恋愛占いをしてみよう
数秘術を学び数字の陰陽を知りましょう
数秘術におけるカルマナンバーの意味を知ることによって様々なことが分かるとは
数秘術を使用し算出した誕生数が示す運命とは
ピタゴラス式数秘術に挑戦してみましょう
数秘術でも人気のあるカバラ式は6つのライフスタイルと5つステージが重要です